ウェブライターはどのくらい稼げるのか?気になる仕事内容と収入を調査!

- ウェブライターの報酬

更新情報

ウェブライターの報酬

ウェブライターというのはいったいどれくらいのお金になるのでしょうか。
この点は一番募集があった際に気になるところではないでしょうか。

基本的にはこの仕事は家で行うことが大半で在宅で働きますので、時給制ではありません。
出来高制であることが多いので、やればやっただけ報酬がもらえるという仕組みであることが多いでしょう。

単価はそれぞれの案件によっても違いますし、文字数によっても違います。
同じ文字数であっても書く内容が誰でも書けるような簡単な内容だった場合には単価は比較的低めですし、調べたり、一般的知識ではない専門分野ということになれば、同じ文字数でも単価が高くなることがあります。

ですからライター募集があった場合、1記事あたりの値段を見て決めるのではなくて、その1記事は何文字なのか、どのようなテーマやキーワードで書く仕事なのかということをしっかりとチェックした上で応募をしたほうがいいでしょう。
1記事500円という高単価に注目して応募したら、まったく自分に知識のない専門的な内容を書かなければいけない上に、1記事あたり1000文字で1記事書くのに1時間かかっていたというのでは、時給換算すると500円ということになりますのでこれでは割りに合わない人が多いでしょう。
時給制ではない仕事ではありますが、時給換算を自分で計算することは十分に可能です。


計算の方法は、この案件は1記事何分でかけるか書いてみてわかると思います。
もし1記事書くのに6分かかっていたのなら1時間は60分ですから10記事書くことができます。
そして1記事あたりの単価が150円だった場合、10記事なので1500円、これが1時間の時給という計算になります。
もちろんこれは人によってペースが違っていると思いますし、人によってではなく、同じ人でも案件によってはスムーズに書ける案件もあれば時間がかかってしまう案件も先ほどのようにあるかもしれませんので、違いはあります。

そこから逆算してみると1日にどれくらい報酬をもらうことができて、1ヶ月あたりどれくらいの副収入を得ることができるのかということも計算できます。
サラリーマンや主婦などが副業として行っている場合、人により色々ではありますが、10000円から50000円ほど稼いでいる人もいますし、本業としてやっている人なら10万円以上の人もいますから、出来高制であるため、計算をして1ヶ月あたりいくら欲しいのか、欲しい額を達成するためにはどれくらい稼げばいいのか計算するといいでしょう。

Copyright(C)2014ウェブライターはどのくらい稼げるのか?気になる仕事内容と収入を調査!All Rights Reserved.